2015年04月19日

代用コーヒーを作ってみた その3

さて、代用コーヒー最終回はお手軽簡単なパンで作れるコーヒーです。

これは米海軍などが補給が長引いてコーヒーが切れた時に作っていたようです。
代用というよりもちょっとした生活の知恵みたいなやつですね。


まずはパンをトースターに入れてタイムカウンターを目一杯回してあげます。
そしてこのように真っ黒になるまで焼いてあげます。
※炭になるまで焼いてしまうと炭臭くなります。ちょっとむずかしい表現ですが、黒焦げまででOK、それが炭化する前にやめてください。


表面を包丁でこそいで焦げた部分を剥ぎとって粉にします。
コーヒーミルもいらないかららくちんですね。


これをドリッパーで漉して出来上がりです。
今使っているのはこういう紙で出来た使い捨てドリッパー。

通常のドリッパーだと匂いがついてしまって実際のコーヒーを入れるときに困るのでおすすめです。
特におうちの人がコーヒー好きな方の場合は別のものをつかったほうがよろしいでしょう。


味はなんと言いますか......焦げたお湯の味がします。

まぁ、いままでの代用コーヒーと同じような味なんですけど、大豆やたんぽぽと違って香りが全然ないので最も「焦げたお湯」感覚が目立つと言えましょう。

見た目だけは真っ黒なので、こういうものを飲みながら「あーあ、一体いつになったら港につくんだろう....」って嘆いている水兵気分に浸れますのでぜひ一度お試しください。





同じカテゴリー(代用食)の記事画像
ファンタというか代用コーラというかを作ってみる
代用コーヒーを作ってみた その2
代用コーヒー作ってみた
デデ肉を食おう!
同じカテゴリー(代用食)の記事
 ファンタというか代用コーラというかを作ってみる (2015-04-26 20:03)
 代用コーヒーを作ってみた その2 (2015-04-18 13:57)
 代用コーヒー作ってみた (2015-02-15 22:05)
 デデ肉を食おう! (2014-09-30 02:09)

Posted by さめ ひろし  at 09:03 │Comments(2)代用食

この記事へのコメント
ふと思い出したことが。
芥川龍之介の『あばばばば』(大正12年)という小品の中に、玄米珈琲というものが出てきます。これは代用ではなく、当時手に入りにくかったコーヒー豆の代わりに…まさしく玄米を煎って作られたものでしょうか。

代用食シリーズ、オチも含めて面白いですね。これからも楽しみにしてます♪
Posted by 中林20系 at 2015年04月28日 19:11
コメントありがとうございます。
玄米コーヒーはコーヒー豆の代用として玄米を炒ってるわけですからまさに「代用」コーヒーですね。

代用コーヒーの歴史を見ているととにかく煎れるものであればなんでも炒ってる感じがあって涙が出てきます。

玄米かぁ.....なんかお茶っぽくなりそうですけどね。
Posted by さめ ひろしさめ ひろし at 2015年05月14日 06:23
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。